どこにも真似できない未来をつくろう
エントリー
エムアイカードとは

エムアイカードの歴史

よりお客さまのお役に立つために、広げてきたフィールド

エムアイカードは、伊勢丹のハウスカードとして、お客さまのお役に立ち永くご愛顧いただくために誕生しました。
そして、そのフィールドは、お客さまや社会のニーズに応え、徐々に広がっていきました。
2008年4月の三越伊勢丹ホールディングス設立に伴い、2009年9月に社名を「株式会社 エムアイカード」に改め、
2010年4月に三越、10月に岩田屋での提携カードを発行いたしました。
そして、2008年にはVisa、2011年にはアメリカン・エキスプレスとの提携カードの発行を開始。
伊勢丹のハウスカードとして出発したエムアイカードでしたが、 多くの百貨店で、そして日本中、世界各国でご利用いただける、
より利便性の高いクレジットカードに進化してきました。

百貨店発のカードだからこそ、磨くことのできる独自性

高い品質が求められる百貨店発のクレジットカードとして、そのサービスの質も磨いてきました。
カードの枠を超え、生活の提案まで行う、保険事業が代表例です。
保険の総合コンサルティングサービスを通して、お客さまの人生におけるご不安やお悩みに日々耳を傾けています。
また、業界内でも格段の高さを誇る稼働率は、お客さまの購買動向データの蓄積につながります。
そのデータは、質の高い商品開発や新たなサービスの提案に活かされています。
お客さまご満足の半歩先を行く「私の願いを叶えてくれるカード」になるため、日々独自性を磨いていきます。

そして、私たちは大きく変わります

私たちが最も大切にしているのは、お客さまにご満足いただくことです。
カウンターを始め、お電話やオンライン、さまざまなお客さまとの接点から 「お客さまがお喜びになることは何か」「お客さまのお役に立てることは何か」を常に考え、
日々の仕事に取り入れる努力をしています。
今、お客さまの声、社会の声に耳を傾けると、私たちは大きく変わらなければいけないと強く感じています。
百貨店のお客さまに支えられた購買動向データ、お客さまにお喜びいただける加盟店を開拓する営業力、ハイレベルな接客が自慢のカウンター、
その全てをさらに磨き、三越伊勢丹グループの今後の成長をリードし、そして変化の速い業界でより影響力を増していく必要がある。
それがお客さまへ新しいご満足を提供することにつながると考えています。 社内の至る所で、そのための新しい取り組みが始まっています。
新しいステージへの挑戦を共にし、新しい未来を描いていきましょう。

1988 株式会社 伊勢丹ファイナンス設立
1989 損害保険代理業務を開始
キャッシング業務を開始
1990 割賦購入あっせん業務を開始
1996 生命保険の募集に関する業務を開始
1999 株式会社 伊勢丹アイカードへ商号変更
2006 「プライバシーマーク」認証取得
生命保険無料個別相談を開始
2008 丸井今井との提携カードを発行
Visaとの提携カードを発行
2009 株式会社 エムアイカードに商号変更
2010 三越との提携カードを発行
三越保険サービスと統合
エムアイ友の会子会社化(株式を100%取得)
岩田屋との提携カードを発行
宅地建物取引業務を開始
2011 アメリカン・エキスプレスとの提携カードを発行
2012 エムアイ友の会業務を受託
2016 グループ共通ポイント特典制度「エムアイポイント」導入
VIOROとの提携カードを発行
野村不動産グループとの提携カードを発行
2017 鹿島神宮との提携カードを発行