どこにも真似できない未来をつくろう
エントリー

currentTitleChildren

  • FINANCE
  • TECHNOLOGY

私が所属するカード業務部では、主にお客さまに円滑にエムアイカードを利用していただくための後方業務を行っています。カードの発行やご登録情報の変更などを行う事務部門と、審査や販売承認、債権管理などを行う信用部門があり、ともに不備やトラブルが起こるとお客さまに直接ご迷惑がかかってしまう重要な業務。いかなるときも安定した運用が欠かせません。お客さまのご利用シーンの裏側にある業務で、目立たない存在かもしれませんが、お客さまのライフスタイルに合わせ、どんなときも快適にご利用いただけるよう日々努めています。私は現在その仕組みを設計し、時には外部企業と連携したシステムの開発を担当しています。業務を設計する上で大切なことは、正確かつ効率的に処理できる方法・手段を検討すること。たとえば、新商品・新サービスを導入する際に、現在の運用から変更が生じる場合、どうすれば対応できるか、どのようなシステムの機能が必要か、業務全体を徹底的にひも解いたうえで、自分たちが目指す新しい仕組みや運用を構築していきます。それだけでなく、遵守しなければならない法律や他業務・他システムへの影響などあらゆる影響範囲を確認し、どのような方法・手段が最適かを考えて業務を進めています。

カード業務部は、お客さまの大事な情報をお預かりしている部門。その根幹となる業務を支えるために、システム面でも運用面でもより良い業務設計となるように仕組みを考えていきます。携わっている案件が問題なくリリースされ、お客さまの利便性向上や業務効率化を実現できた時、この仕事のやりがいを感じます。システム部や営業部などさまざまな部門と意見を交わして作り上げていくので、無事にリリースされた時は達成感も大きいです。自分が業務設計した仕組みがリリースされ、お客さまに日々快適にカードをご利用いただくことに繋がる。その経験はノウハウとして積みあがっていくので、自身の成長にも繋がり、やりがいを感じられると思います。また、専門的なスキルが求められる業務に新入社員のうちから携われるのは、当社ならではの魅力だと思います。

入社当初は、カード業務部の信用部門に在籍し、その後事務部門に異動。現在はカード業務部の企画部門に在籍し、主に業務設計・システム構築を担当しています。複数の部門を経験したことで視野が広がり、自部門のことだけを考えるのではなく、別の部門への影響について考慮できるようになるなど、これまでの経験が確実に今につながっています。今後もあらゆることにチャレンジしていきたいですね。その経験が現在の業務設計やシステム構築に活かせるのはもちろん、新たな提案にも活かしていけると思いますから。特に、当社は百貨店以外での利用やストック商品の利用拡大、提携カードの発行など、新しいチャレンジが始まっています。これからも新しい取り組みが増えていくことが予想されるからこそ、従来のやり方に捉われることのない、柔軟な発想が求められていく時期です。入社1、2年目でも「こうしたい、やってみたい」という意志があればさまざまな仕事に携われるチャンスもあります。自分自身も新たな分野の仕事を経験することで知識や考え方の幅を広げ、成長につなげていきたいです。

【 キャリア変遷図 】

2009年5月:配属 入社研修後に配属し、主に販売承認業務を担当。カードが使えない、という問い合わせに対して、お客さまのカード状況を確認し、対応方法を案内する業務を担当していました。この業務を通してカード決済業務の流れを学ぶとともに、与信スキルを身につけることができました。
2011年6月:異動 カードの再発行やご登録情報の管理を行う部門で、お客さまのカードご利用情報や属性情報などを管理し、変更や照会などの手続きを担当。お客さまからお預かりしている情報の大切さ、責任の重さを感じる業務でした。
2012年9月:異動 現在はカード業務部の企画部門に在籍し、主に全社もしくは部門をまたがる案件の業務設計、システム構築などに携わっています。
社員インタビュー一覧に戻る